投資顧問の年間の現行のの概要についてですが、一般的な投資顧問のイメージは、資産運用化ではないでしょうか。しかし、実際の投資顧問は、様々な業務を多岐にわたって行っています。
日本を取り巻く経済環境は、国際化やICTの進展により、複雑多岐になり、株式市場においても、国際化の進展により、日本企業が買収の狙い撃ちにあう時代になったといえます。
一昔前の日本企業では、海外の企業から資本買収を受けるとは思っていなかったことから、集中的に海外の企業から狙い撃ちを受けた時代がありました。海外から見ると、無防備状態の優良企業がゴロゴロ転がっている宝の山に見えたのではないでしょうか。企業乗っ取りがうまくいけば、欲しい技術が手にはいるため、買収を仕掛ける企業も本気度トップで攻撃を仕掛けてきました。
買収が仕掛けられたことが分かった時には、企業防衛自体が難しいステージに入っていて、その頃に防衛をしても手遅れ感があるほどです。
今では、企業買収の対象にならないように、日ごろから企業の欠点はないか、欠点があれば買収を受けていないうちに修正をしている企業が多いのですが、この防衛や修正を手掛けているのが投資顧問なのです。
今では非常に多くの企業が、投資顧問と契約しています。そして、怠りなく企業買収の対象とならないように日々チェックをしているのです。
企業にとっては、資産運用は二の次であり、まずは安定経営を行う上でも、長期的な企業防衛が必要であり、買収を受けないことが長期的な経営の必須条件でもあるのです。
この投資顧問を行っているのは、証券会社であったり、投資マネージャーであったりしますが、専門知識を防衛には必要不可欠であるといえます。