資産運用の方法論を語るためには、やはりその道の専門家のアドバイスが必要になることは言うまでもありません。プロフェッショナルの投資家であればそんな必要はないかもしれませんが、投資額は別として、数で言えば、やはりプロよりも一般投資家の数のほうがはるかに多いですから、そうした「専門家」の力というのは、一般投資家にとっては計り知れないということになるでしょう。
ここでご紹介するのは、そんな「専門家」の集団である、投資顧問会社の「ばんせい投信投資顧問株式会社」です。東京都中央区に本社を構える「ばんせい投信投資顧問株式会社」では、有価証券はもちろん、エネルギーや農産物、そして貴金属など、かなり幅広い金融商品を資産運用の対象としている顧客層をターゲットにしている会社です。ですから、単に専門性が高いというだけではなく、多方面にわたる金融商品への対応が可能な投資顧問会社という印象が、このばんせい投信投資顧問株式会社にはあります。
ばんせい投信投資顧問株式会社として営業がスタートしたのは、2010年4月のことですから、これはまだまだごく最近のことです。しかし実際には、この前身である「クォンティス投資顧問株式会社」として1998年7月に設立された会社ですから、その歴史は、業界の中では中堅的な歴史背景ということになるでしょう。
幅広い金融商品に対応できるということで、一般財団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、日本商品投資顧問業協会という3つの金融協会に加盟しているというのも、このばんせい投信投資顧問株式会社の大きな特徴になっており、また、それだけ顧客への信頼が大きいということも、同時に言えるのです。